お知らせ

耳鼻咽喉科よりお知らせとお願い

手術の再開について

新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、耳鼻咽喉科では不急の手術につきましては中止または延期としておりましたが、6月22日(月)より、順次、手術を再開することといたしました。
待機していただいた患者さんや地域医療機関の皆さまには、ご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
また、従来の手術前検査のほかに「コロナウイルスPCR検査(全例)」、「胸部CT検査(小児を除く)」を行った上での手術となります。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

(2020.06.19)




新型コロナウイルス感染症に関する、耳鼻咽喉科の手術、嗅覚・味覚障害について

(2020.04.08)

手術について(不急の手術は延期・中止となります)

新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、耳鼻咽喉科では不急の手術は中止または延期とさせていただく方針といたしました。また、すでに手術を予定している患者さんにも、ご理解ご了承をいただいた上で、延期とさせていただきます。
鼻やのどはウイルスの感染経路であることから、患者さんが気づかすに感染している場合には、他の患者さんやスタッフに感染を広げる大きな危険があります。ご理解の程お願い致します。
なお、手術再開時期につきましては、感染終息の頃となります。


嗅覚・味覚障害について

新型コロナウイルス感染症は、発熱やせき・たん、のどの痛み、体のだるさが主な症状ですが、嗅覚・味覚障害も症状であると報道されています。
しかし、嗅覚・味覚障害は、一般的な風邪やインフルエンザでもみられる症状です。必ずしも新型コロナウイルスだけが原因ではありません。また、新型コロナウイルス感染症による嗅覚や味覚の障害は、自然に治ることが多く、特効薬もありません。
嗅覚・味覚障害の治療は急ぐ必要はありません。自然に治ることも多いのでしばらく様子をみてください。
2週間経っても他の症状がなく嗅覚や味覚が改善しない場合は、かかりつけの耳鼻咽喉科を受診してください。当院に初診で受診される場合は、必ず紹介状をお持ちの上ご来院ください。
なお、新型コロナウイルスによる嗅覚・味覚障害が疑われる際には、各都道府県が公表している帰国者・接触者相談センターにご相談ください。