患者さんを中心とした医療の質の向上をめざします

呼吸器外科

呼吸器外科 特長

現在、呼吸器外科では初診患者さんの受付は行っておりません。
当科では、呼吸器内科と連携して主に肺がんの外科治療を行っています。
肺がんは組織のタイプや拡がりによって治療法が異なるため、まずは呼吸器内科を受診していただき、いくつかの検査を行い、外科治療が最良と思われる患者さんは、呼吸器外科で診療・治療を行います。

呼吸器外科 手術

当院では胸腔鏡補助下手術を行っています。
胸腔鏡補助下手術は、小さく切開した箇所からカメラスコープを挿入し、身体の中をモニターに映して補助として利用しながら行う手術です。切開箇所は15㎝程度であり、術後1週間程度で退院されています。

肺がん手術の実績

  2019年度
呼吸器外科手術件数 80件
うち肺悪性腫瘍手術件数 58件

呼吸器外科 スタッフ紹介

尾泉 広明 (おいずみ ひろあき)

診療科 呼吸器外科
役 職 医長
専門分野 呼吸器外科一般  
資格・認定 日本外科学会・外科専門医

(非常勤) 高持 一矢 (たかもち かずや)