患者さんを中心とした医療の質の向上をめざします

心臓外科

心臓外科 特長

心臓外科は心臓疾患に対する外科治療を行う診療科です。
当院では東京女子医科大学病院、帝京大学医学部附属病院の心臓血管外科医師による外来診療を行っています。
冠動脈疾患、弁膜疾患、大動脈疾患、先天性心疾患、重症心不全などの全ての心疾患に対して、当院循環器内科と協力して、外科治療が必要な場合には、当院にて術前検査等を行い、それぞれの病院にて治療を行います。その後の経過観察は当院ないし近隣の医療機関で受けることも可能です。
緊急性に応じてそれぞれの病院からドクターカーで迎えに行き、医師同乗にて搬送を行うこともあります。

心臓外科担当医所属医療機関(大学病院)

東京女子医科大学病院・心臓血管外科
(別サイトが開きます)


帝京大学医学部附属病院・心臓血管外科
(別サイトが開きます)

スタッフ紹介

道本 智 (どうもと さとる)

診療科 心臓血管外科 (東京女子医科大学 心臓血管外科 講師)
専門分野 TAVI
ステントグラフト治療
心臓血管外科一般
主な
資格・認定
日本外科学会・外科専門医
日本心臓血管外科学会・心臓外科専門医・修練指導医・国際会員
日本循環器学会・循環器専門医
日本脈管学会・脈管専門医
腹部ステントグラフト指導医
胸部ステントグラフト指導医
JTVT TAVI SAPIEN3・CoreValve 指導医
Medtronic社CoreValve/Evolut弁を用いたTAVIプロクター(指導医)
日本血管外科学会・認定血管内治療医

尾澤 直美 (おざわ なおみ)

診療科 心臓血管外科 (帝京大学医学部附属病院 心臓血管外科 助教)
専門分野 低侵襲手術(鏡視下MICS、ロボット手術)
成人心臓血管外科一般
主な
資格・認定
daVinci Patient Surgeon
日本外科学会専門医
コメント 従来の開心術による冠動脈・弁膜症・大血管手術に加え、ハートチームによる経カテーテル治療(胸部および腹部ステントグラフト、大動脈弁置換(TAVI)、僧帽弁形成(MitraClip)、左心耳閉鎖(Watchman)など)や末梢血管治療も行っております。
また、胸骨を切開しない小開胸による低侵襲心臓手術(MICS)に積極的に取り組んでおり、手術支援ロボットdaVinciを用いた僧帽弁形成術も症例を重ねております。
患者さんの状態に応じた適切な治療方針を柔軟に選択することができ、術前から積極的に心臓リハビリテーションの介入を図ることで、術後の生活の質を高められるような手術を目指しております。