患者さんを中心とした医療の質の向上をめざします

臨床検査科

一般・その他検査

血液以外の尿・糞便・体腔液(髄液、関節液)を調べます。
尿や便の検査は、採取で身体に負担をかけずに検査をすることができます。
髄液・関節液・精液などそれ以外の検体を含め、どんな検査をしているのか紹介します。

尿検査

腎臓で作られ、尿管、ぼうこう、尿道を経て体外に排出されるので、腎臓や泌尿器系臓器の状態が分かります。
定性検査として、尿にどんな物質が含まれているのかを調べています。
全自動分析装置によって、尿検査の定性・半定量を行っています。

定性検査の主な測定項目と、陽性の場合の疾患

1.蛋白
腎疾患
2.ブドウ糖
腎糖尿病
3.ケトン体
重症糖尿病などケトーシスを起したとき
4.ビリルビン・ウロビリノーゲン
肝障害
5.潜血(尿中赤血球)
尿路結石、膀胱腫瘍、糸球体腎炎など
5.白血球・亜硝酸塩
尿路感染症
自動分析装置

尿沈渣

尿を遠心分離器にかけて、沈澱した成分を顕微鏡で調べる方法と、自動分析機で調べる方法を組み合わせて行っています。

ダニ

脂肪円柱

フィブリン円柱

ショウ酸カルシウム結晶

便検査

便検査には主に2種類あり、消化管からの出血を調べる便潜血検査と、便の中に寄生虫がいないかを調べる検査があります。

便潜血検査

ヒトヘモグロビンの抗原抗体反応を利用する免疫法を用いた、全自動分析装置で検査しています。
下部消化管には有効ですが、上部消化管では変性して陰性になることがあります。

寄生虫検査

顕微鏡で観察する検査です。

寄生虫

髄液検査

髄液とは脳室や脊髄の隙間を満たしている液で、中枢神経を守り、恒常性も保っています。
髄膜炎・脳炎の早期治療に欠かせない検査で、細菌性髄膜炎かウィルス性髄膜炎かの推定に役立ちます。
稀ですが、血液系腫瘍や上皮系腫瘍が診断されることもあります。

関節液検査

関節液は、関節腔を満たし、衝撃を吸収したり、軟骨への栄養補給をしたりしています。
関節炎の原因を診断するため、尿酸ナトリウム結晶(痛風)かピロリン酸カルシウム結晶(偽痛風)を鑑別します。

精液検査

精液検査は、男性不妊症の診断や治療のモニタリングに重要です。
精液量・精子数・運動率・奇形率を報告しています。

臨床検査科:目次