患者さんを中心とした医療の質の向上をめざします

画像診断センター

核医学検査

CT検査やMRI検査は主に臓器の形態の異常を調べるのに対し、核医学検査は、投与された放射性医薬品の分布や集まった量、それが時間の経過でどのように変化していくか、といった情報から、臓器や組織の形態だけでなく、機能や代謝状態などを評価することができる検査です。
核医学検査はアイソトープ検査またはRI(アールアイ)検査とも呼ばれ、特定の臓器や組織に集まりやすい性質を持った放射性の医薬品を患者さんに投与します。
投与された放射性医薬品が、目的の臓器や組織に集まったところで、そこから放出される放射線(ガンマ線)を専用のガンマカメラを用いて体外から検出し、その分布を画像化します。
放射性医薬品の分布を画像にすることをシンチグラフィといい、得られた画像をシンチグラムといいます。

核医学検査

ガンマカメラ

2検出器型ガンマカメラ

脳血流シンチグラフィ

脳の多くの病気は、血流の異常を伴っています。
脳血流シンチは脳血流のわずかな変化を見つけるための検査です。
脳梗塞、てんかん、認知症などの診断に非常に有効です。

脳血流シンチ

心筋血流シンチグラフィ

心筋血流シンチは、心筋に栄養を運ぶ血液の流れをみる検査です。
心臓の状態や動きを調べ、狭心症や心筋梗塞、心筋症などの病気の有無やその程度を診断します。

心筋血流シンチ

骨シンチグラフィ

全身の骨の画像を撮像し、がんの骨転移、外傷等による微小骨折など、X線検査ではわかりにくい、さまざまな骨の状態を詳しく調べることができる検査です。

骨シンチ